プロポーズのお手伝い

小さな工房JewelyPetit ではプロポーズのお手伝いをしています。

 

これまで多くの男性のお客様がサプライズプロポーズのご相談にお越しになりました。     
女性の目線でのアドバイス、心に残るプロポーズにをご提案いたします。




指輪のことについて、はじめからご説明します

男性のお客様の多くに、婚約指輪と結婚指輪の違いが分からないとおっしゃる方がおられます。
でも、婚約指輪は女性にとってはおそらく一生で一番の思い出に残るリングとなる、とても大切なものです。
ジュエリーショップに一人でいらっしゃるのは少し照れくさいかもしれませんが、婚約指輪を贈るまでのプロセスも大切な思い出でになるでしょう。      
     私たちは、まずこのギャップを埋めるため、指輪について、女性が憧れるエンゲージリングやプロポーズについてお話しさせていただきます。




贈る女性のことを考えてデザインを選びましょう

男性だけでお相手の理想とするデザインの指輪をつくることやプロポーズのストーリーを考えることは意外と難しいものです。

 

私たちは、たとえばどんなアクセサリーをつけていらっしゃって、どんなお洋服をお召しになっていらっしゃるか、年齢は、職業は、できるだけ多くのお相手の情報を元に、過去に制作した多くの婚約指輪の経験と、女性からの視点で、お相手によろこんでいただけるデザインをご提案します。


 

 


 

それぞれの形✵婚約指輪とプロポーズ

JewelryPetitでは工房らしい婚約指輪をご提案しています。


オーダーをいただいた指輪は全て一から制作しますので、途中の製作工程を確認していただくことができます。変更点などがあればその時に対応いたします。一つ一つ小さなことを大切にして制作いたします。


また工房併設なので心をこめた手作りの婚約指輪でプロポーズなんてことも可能です。味わい深い風合い手作りの指輪もとてもあたたかみがあり素敵です。職人が仕上がりもまでお手伝いしますのでご安心ください。


最近では母親から受け継いだダイヤモンドの指輪をリフォームして新しく婚約指輪を作りたいというご相談も多いです。「ダイヤモンドは永遠の輝き」と言われるように、使いこまれたダイヤモンドの指輪でも、クリーニングや仕立て直すことでずいつまでも美しく光ります。海外ではジュエリーは受け継がれるものとの考え方も一般的です。

日本でも大切なひとに贈る婚約指輪で家族の絆を深めたい。そんな風に考える方も増えてきました。

 

指輪に留まる中石もダイヤモンド以外に誕生石やパール、好きなお色味の宝石をご用意することができます。自分らしく自由なかたちでの婚約指輪制作をお手伝いします。

 




お二人で婚約指輪を選びたい方は

お二人でじっくり婚約指輪のデザインを考えたいと思っている方にはこんな方法もあります。
はじめにダイヤモンドだけご購入いただき、素敵なケースに入れてプレゼント。
その後お二人でご来店いただき、お好きなデザインで指輪を制作する方法です。


心に残る幸せのサプライズ。大切なプロポーズのお手伝いはいつも緊張しますが、成功を信じ、精一杯応援いたします。
一緒に考え、すてきな婚約指輪を贈りましょう。