鎚目

ひとつひとつ刻まれた金鎚で叩いた跡からは、手仕事のぬくもりが感じられます。

叩くことで金属は固く締まり、独特の光沢を放ちます。